2007年8月29日 (水)

お盆のおかげ横丁

 お盆のまっ最中、どこへ行っても 人と車かなと思ったのですが、焼海苔がなくなってきたので 思いきって伊勢まで出かけることにしました。 例によって山の中を通ってゆくことにしました。 信楽、伊賀を通って 美杉村から伊勢本街道に入り、和歌山別街道を通って伊勢市まで。 途中 迷いそうになり、おまけに里山では モグラが車の前をゆうゆうと横断したり、カーブを曲がったら鹿がいたりと 野生動物にも遭遇、久しぶりの遠出となりました。天気は良く 緑がとてもきれい。しかしとても暑い日でした。
P8154511P8154517  おかげ横丁に着いたら 山ほどの人。 お正月並の沢山の人にちょっとびっくり。 お盆だし この暑さだし そんなに混んではいないだろうと思っていたら とんでもないことでした。 おかげ横丁の中はペットもOKなので、色々なワンちゃんたちと出逢いました。 とりあえず伊勢うどんを食べて ひと休み。 P8154514 P8154515

  

 

 

三重漁連の焼きのりと あけがらし という辛子を使った酒の肴と、伊賀の地酒 若戎のお酒も買って 次の目的地 、松阪のお客さんに教えていただいたベルファームへ。 松阪の駅から西へ行ったところにある イングリッシュガーデンとレストランと農産物や特産物の即売場が一緒になった施設です。閉店時間の 5:00 に間に合わなくて 今回はながめただけでした。P8154528 P8154538 P8154540

 

P8154547  帰りは青山高原を通って帰ることにしました。 青山高原からは伊勢湾が見渡せる とても景色の良いところです。 尾根には30本ぐらいの風車が回っていて ちょっと不思議な景観です。P8154551  いくつかパーキングがあって 車を止めてゆっくり景色を楽しむことが出来ます。 飛鳥も走りまわっていました。 しばらく遠くの山に沈む夕日をながめながら夕涼み。 気を取り直して帰路につきました。 相変わらず 山の中をぬけて帰ったにもかかわらず なんと松阪から3時間。 お盆の渋滞にまきこまれることもなく 無事帰宅しました。 マスターおつかれさまでした。

| | コメント (0)

2007年1月23日 (火)

1月最初の定休日 城陽から守山へ

正月の休みボケも手伝って、今週は少々ハードな一週間でした。 飛鳥は久しぶりのお留守番だったので少し気嫌が悪いです。

市ちゃん(詳しくは長野旅行のHPに)と城陽のお漬物屋「市久八木」さんで待ち合わせをしているので、それまでに我家の用事をすますことに。
P4282907 飛鳥とマスターは予約していたパンを引取りにスカディーへ、私はプラッツの本屋へ。
料理雑誌を何冊か買って、ちょっと無印をのぞいて。 ついにプラッツも2月の末で閉店です。 とっても不便になります。
Pb175051 Pb175043 市ちゃんと合流して市久八木さんの向かいのお茶屋さんへ新年のご挨拶に。 御主人に おうすをたてていただき しばらく世間話を。 そして玄米茶と麦茶を買い求めて次は滋賀県へ。

たねやの守山店でクラブハリエのバームクーヘンを買うつもりだったのですが、着いたのが 3:00すぎで、店頭売りも配送分もすべて完売していました。 もしかしてと思ったのですがだめでした。仕方ないですね。 ただし3日前までだと予約が出来るそうです。

本日の最終目的地、酒酎屋さんにようやくたどり着きました。 御亭主おすすめの七本鎗純米80%生原酒と、燗用の酒に焚火若水辛口原酒を買い帰路につきました。
京都との県境に少し雪が残っていました。

家に帰って今日も又りんごジャム作りました。この冬5回目のジャム作りです。自分達が食べる一年分とおすそわけの分を作ります。

P1101790 P1101793 P1101807 P1211860_2 P1211867

1月10日発売の月刊京都 2月号(白川書院)に「夢庵」が掲載されています。是非見て下さいね。P1171848

| | コメント (0)

2007年1月21日 (日)

お正月休みの1日目 みそ鍋

目が醒めたら夜でした。(ちなみに今年も帰宅時間は、AM8:00でした。)

元旦なのでお雑煮を食べなければ と思ったのですが、もう夕食ということなので みそ鍋をすることになりました。 長野からいただいた野菜、同じくいただいたもち米でついた自家製おもち(マスターがもちつき機でついたもの)、みそは知り合いの民宿の自家製のもの、とってもおいしいみそ鍋になりました。

P1171842 P9261145 P9190862

おとそ代わりは諏訪の龍神純米辛口で、おめでとうの乾杯をしました。

ちなみにこのお酒は秋に長野に行った時に買い求めたものです。

その後は年内に書き上げることの出来なかった年賀状を朝までかかって仕上げ、お正月の1日目はまたたく間に終わりました。

| | コメント (0)